年賀状の作成中や住所録の入力中に、なかなか変換しづらい名前や地名にぶつかった時みなさんはどうしてますか?とりあえず、その場は適当に漢字を入力してやり過ごしていませんか?でも、そういう文字にかぎって、すぐにまた入力する事になったりするものです(笑)
そこで、今回は入力中に単語登録を素早く出来る小技を紹介いたします♪これを覚えれば「そのうち」とか「あとで」といって後回しにしているうちに忘れてしまうなんて事が無くなりそうですね!

方法はとってもカンタン!
エクセルでもワードでも、文字を入力中ならたいていの場合出来ます。

では、早速やってみましょう。
ここでは、「エクセルで住所録を入力中」という想定で解説いたします。

1.入力中にやたらと変換の難しい文字を入力した時!
例)「たろう」という名を「多呂宇」と表記
WS000

2.登録したい文字を選択します
WS001

3.「Ctrl」+「F10」を押します

4.IMEのメニューが表示されました!
WS001-2

5.「単語の登録」をクリック
WS002

6.単語/用例の登録の画面が表示されました!
WS003

7.「語句」の中に登録したい文字が既に入ってますね♪
WS004

8.あとは「読み」を入力し、「品詞」を選択したら「登録」をクリックしましょう!
例)ここでは「読み」は「たろう」、「品詞」は「人名・名のみ」を選択
WS005

あっと言うまでしたね
これで、以後は「たろう」と入力したらすぐに「多呂宇」と変換できるようになります!
一発変換!

是非このショートカットを利用して、文字入力をより効率よく行ってみてください。
パソコンって、ホント知るほどに便利ですね♪