パソコンには、あらかじめ「フォント」と呼ばれる文字の書体のセットがいくつか入っています。フォントを使い分けることで、よりイメージにちかい文書が作れますよね。

(例)

今回は、インターネットから「フリーフォント」を入手して使えるようにする方法を紹介します!
そろそろ年賀状シーズン。今年はいつもと違うフォントを使って気分転換してみませんか?

フリーフォントの入手

フリーフォントは、基本的には有志の作者によってインターネット上に公開されています。
今回は、「ひま字」というフォントを入手してみましょう。

1. ここ(//www.kfstudio.net/himaji/)をクリックして、ひま字のホームページにアクセスする。

2. 説明文に目を通し、[日本語フォントKFひま字をダウンロードする]を右クリックして[対象をファイルに保存]を選択、デスクトップなどに保存します。

フリーフォントのインストール

入手したフォントをパソコンで使えるようにするには、インストールの作業をする必要があります。フリーフォントによっては、ダウンロードしたものをダブルクリックするだけで自動的に作業が進む場合もありますが、そうでない場合は、手作業でのインストールです。

1. さきほどダウンロードしたファイルをダブルクリックして開きます。

2. [KFHimaji]フォルダーを開き、その中の[KFHimaji.otf]をデスクトップ上にドラッグします。これが、これからインストールするフォントです。

3. フォントをインストールします。パソコンのOS(7/Vista/XP)によってやり方が異なるので注意しましょう。

【Windows7の場合】
先ほどの[KFHimaji.otf]を右クリックして[インストール]をクリックすれば完了です。

【WindowsVistaの場合】
a. [スタート]から[コントロールパネル]を開き、[デスクトップのカスタマイズ]→[フォント]の順に開きます。

b. 開いたウインドウの中へ、先ほどの[KFHimaji.otf]をドラッグすれば完了です。

【WindowsXPの場合】
a. [スタート]から[コントロールパネル]を開き、[フォント]をダブルクリックします。

b. 開いたウインドウの中へ、先ほどの[KFHimaji.otf]をドラッグすれば完了です。

実際に使えるかみてみよう

ワードなどを起動して、入力した文字のフォントを変えてみましょう。インストールできていれば、そのフォントを選択できるようになっているはずです。

その他のフリーフォントを探そう

インターネット上には、他にもさまざまなフリーフォントが公開されています。
以下のブログに主要な日本語フリーフォントの一覧が掲載されていますので、チェックしてみてくださいね。

漢字が使える日本語フォント 無料ダウンロード 46種類
//blog.4galaxy.net/56.html