Windows Vista(ビスタ)が発売されて約1年。ビスタで作成した書類をやり取りする機会も以前に比べて多くなりました。

ウィンドウズがXPからビスタになったのにあわせて、ワード・エクセルをはじめとするマイクロソフトオフィスのソフトも刷新されています。

多くの機能が搭載されたのですが、一方で新しいワードで作成した書類は今までのワードで見られなくなってしまったのです!

この原因はファイルの保存形式。新しいワード(ワード2007)で保存をすると、ファイル名の末尾に「.docx」と表示されます。

この末尾の文字は拡張子と呼ばれ、ファイルの種類を区別するためのものです。ワード2007の「.docx」は新しい拡張子なので、以前のワード(ワード2003など)では判別することができません。そのためファイルを開けないのです。
(拡張子についての詳細はこちらの過去記事から

「それじゃあ新しいワードの書類を見るには新しいコンピュータを買わないといけないの?」と思われた方、そんなことはありません。
マイクロソフト社から「Microsoft Office 互換機能パック」をダウンロードすることで、この問題を解決することができるのです。

ダウンロードはこちらから。

この互換機能パックにより、ワードだけでなくエクセルやパワーポイントも、それぞれの最新版で作ったファイルを開くことができるようになります。

コンピュータは日々新しくなりますが、慣れ親しんだパソコンには愛着が湧くものです。新しい技術も取り入れながら、長くパソコンを使っていきましょう。

なお、ワード2007の書類を開こうとした時に[互換パックをダウンロードしますか?]という画面が表示されたら、[OK]をクリックすることで、同様に互換機能パックをダウンロードできます。

すでにオフィス2007をお使いの方は、保存するときに[2003形式で保存]を選択することで、以前のワードでも開くことのできる書類を作成できます。

書類を誰かに渡す際は気をつけましょう。