「『圧縮して送りますから』って、言われちゃいました。どうしよう、先生!」
と駆け込んできたのはMさん。
「何を圧縮するんですか? カイトーしてね、って言われたんだけど、何と答えればいいの?」

まず、圧縮というのは、ある一定のルールに従ってファイルの容量を小さくすること。大きなワードやエクセル、写真などのファイルは相手のインターネットの環境も考えて圧縮してあげるのが親切です。

★圧縮の仕組み
例えば、下の計算式は 56文字あります。
2+2+2+2+2+2+2+2+2+3+3+3+3+3+3+3+3+4+4+4+4+4+4+4+4+4+4=82
  ↓
圧縮のルール:同じ数字は、掛け算を使います。
  ↓
2×9+3×8+4×10=82
そうすると、15文字に減ります。

56文字を誰かに伝えるのは大変ですが、15文字なら簡単ですよね。
複雑な感じはしますが、難しいことは全部ソフトがやってくれます。

で、反対にその圧縮したものを読み取れるようにする作業が「解凍」(「展開」または「伸長」とも言います)。
そう、答えの「解答」ではありませんよ♪

「そんな難しいことできない・・・」

そんなことはありません!
圧縮・解凍をしてくれる無料ソフトがあるので、それを使えば難しいことはなしです!
今回は+Lhaca(プラス ラカ)をご紹介!

まず、ダウンロードをクリックします。

クリックしても何も出てこない場合は、インターネットの画面の上に「情報ツールバー」がでてきているかもしれません。その場合はそこをクリックしましょう。

警告が出てきたら「開く」をクリックします。

開くをクリックするとダウンロード(インターネットからソフトを持ってくること)とインストール(持ってきたソフトをパソコンに組み込むこと)が一回で始まります。

出てきたものをOKと押します。

デスクトップに+Lhacaのマークが出来ます。

そこをダブルクリックしましょう。

以下のように設定して、それでOK!

「解凍してね」といわれたら、送られたファイルをデスクトップやマイドキュメントに保存し、そしてダブルクリックするだけ! そうすれば「解凍」できます。そう、これが回答!

さらに、圧縮したい(サイズを小さくしたい)場合には、圧縮したいファイルを、+Lhacaのアイコンの上に持っていけばいいだけ!
するとあら不思議、デスクトップに圧縮したファイルが出来ます。あとは、それを送ればいいだけです。
ワードなどのファイルだけではなく、フォルダもまとめて圧縮することが出来ます!!

パソコン楽しみましょう♪  以上、マリ先生の「回答」でした!

パソカレッジ提供