おすすめインターネットショップ♪
こだわりの果物屋 紅光
杉山さんご夫妻
今回は、インターネットのお店の中でも老舗の紅光(べにこう)さん!

実は、私自身が紅光の大ファンで、何度もお買い物したことがあるのです。
今回、みちくさのインタビューにどこに行こうか・・・と悩んでいたところ、「そうだ!紅光さんにアポとって見よう!」

で、行ってきました!静岡!

 

今回は紅光社長の杉山さんご夫婦にお話をたーっぷり伺いました!

本日の取材先:紅光
ホームページはこちらから


■きっかけはひょんなことから。

★インターネットショップを始めたのはずいぶん前ですよね。

☆そうなんですよ。元々、紅光はおじいちゃんの代からはじめてもう既に50年になる果物屋なんですよ。ある日、お友達と話していて「インターネットでお店でもやってみるか。」とはじめたのがきっかけ。最初は全くパソコンも解らなくて。でも、今は全国から注文を頂いてうちの「こだわり」を味わってもらえるのがすごく嬉しいですね。

★え?じゃぁ、パソコンのプロだったというわけじゃなくて?

☆奥様)そうじゃないんですよー(笑) 私も実はインターネットで買うのってまだ怖い。自分で売っているのにね。変なものが来たらどうしようって。でも、それって、お客様も同じ気持ちを抱えているわけですから、やはり、お客様の期待に沿うような商品を提供しようといつも考えているんですよ。インターネットで買うのって怖いけど、紅光さんに出会えてよかった、ってメール頂いた時は感動しました。私たちは果物屋のプロだけど、インターネットはプロじゃないんですよ。

★インターネットで販売していて難しい事は?

☆やはり、文字だけのやりとりなので、うまく伝わらなくてもどかしい思いをすることもあります。その分、ネットで繰り返し買って下さる方から届いたメッセージから想像して、嬉しい気分になることもあるんですよ。ああ、嬉しく思っていただけて嬉しいなって。

■紅光はトマトからはじまった

★紅光さんはトマトマークが目印ですね。

☆あはは、あれはインターネットでオープンしたときから全然変わっていないんですよ。イマドキじゃないでしょー。でも、元々はトマトにこだわりの店ですからトマトなんですよ。

★トマトなんですか。

☆あれ? 森さん、うちのトマト食べた事無い? それはそれは。

★トマト、頂いちゃいました
(トマトの写真)
やったー! 役得! トマト、いただいちゃいまーす。ああ、来た甲斐あったー。

ん?! すっごい甘いトマト! 皮は固いのですが、口の中に入ってからトマトの香りがきちんとする。今まで食べていた水っぽいトマトってなんだったんだろう? トマトの香りって、口の中で味わったのは初めてかもしれない。今までに無い感覚・・・。
水っぽくてしゃりしゃり、なトマトがトマトだと思っていたら、甘くてしっかりと噛み答えがあって、なんていうんだろう。既に私の語彙の範疇は越えてしまった~!!

☆こちらはどう?これは高知のトマトなんだけど。

★こっちも甘い!!酸味が無いんですね。実は、トマトってそんなに食べないんですけどね。これはおいしい。デザートみたい。
すっごいおいしい、って、それ以外言っていないんですけど、ほんと、こだわりトマト!

☆僕はトマトの生産者が、大好きなんですよ。すごく丁寧に、こだわって育てているから、そのこだわりを食べる人にも伝えてあげたい。

★糖度、という表現がありますけど。

☆うちは果物を切らなくても糖度がはかれるように光糖度センサーを入れてるんですよ。高かったんだけどね、これで甘さの指標がわかる。良いものだけを提供したいというこだわりで買っちゃいました。このトマトは糖度が 11。
切らなくても糖度が解るから、お客様にも説明できるしね。

(糖度を計る)
(糖度センサーの写真)

(糖度とは甘さを示す指標です。ちなみに、かんきつ類は 10、スイカが 11、梨が 12 なんだそうです。[東京中央卸売市場調べ])

■説明できるものしか売らない。だから、畑を見に行く

★そういえば紅光さんのホームページを見ると、社長はいろいろなところに飛び回っていらっしゃいますよね。

☆そう、だって、僕たちは買う人の代理で果物を仕入れるんだから、畑まで行って、どういう育て方をしているか見ないと。お客様に説明できないし、説明できないものは売りたくないもん。

うちは、そんなに安くない。でも、近所のスーパーじゃなくて、紅光で買ってもらう。そのお客様の期待以上に答えられるようにいつだって地道に畑を観察して、どの商品を仕入れるか決めて。だから、僕はダレが何を作っているか全部知ってますよ。自分が見ていないものをお客様に薦められないでしょ。だから、畑は勿論、工場も見るし、遠くはイタリア・アメリカから沖縄・北海道、どこでも行きますよ。

★紅光さんのページを見るとつい買っちゃうんですよ。あの文章がいいというか、思わず買いたくなる文章で・・・。

☆えー、僕、国語の成績悪かったのになぁ(笑)文章は下手なんですよ。だから、本当のことしか伝えられないんです。

事務所で杉山社長が今までいらした畑の写真を見せていただきました。紅光さんのホームページにも載ってますが、必ず畑! 生産者の顔、仕入れる人がこだわるから、こだわりの果物が手に入るんですね~!!

ということで、紅光、私が自信を持ってお薦めします!!

 

編集後記 BY マミコ

うちの甥が紅光さんの大ファン。トマトのシャーベットを一度送ってあげたら「あれ、おいしかったよ、また買ってね」と、勝手なことを。
りんごジュースもものすごく甘くて、りんごをすりたてのような味がする。当たり前の味なのでしょうが、当たり前に出会えることって最近少なくなっているなーとつくづく思い知らされました。
実は、トマトだけじゃなく、黄金柑(激甘!!こんなの食べたことない!)、でこぽん(すっごいジューシー!)を頂いて(役得♪)あれ?でこぽんってもっとぱさぱさしてません?と杉山社長に言ったところ「ああ、かわいそうに、普通のでこぽんを明日から食べれなくなりますよー」ですって。実際、次の日蜜柑ジュースの甘さがうそ臭くて、飲めなくなった(><)
今まで、何度も紅光で買っていますが、贈り物をした相手が皆紅光のファンになります。その位おいしい。そのおいしさには杉山社長の地道な努力があるんだなとつくづく感じました~!