「あれ?なんかおかしい。字を打つたびに前に書いた字が消えていく??パソコンが壊れちゃった!!どうしよう」
インサートキーって何のためにあるの?

もしかしたら、インサートキーを押してしまったかもしれません。InsertあるいはInsと書いてあるキーを押してみてください。
それでもだめならFnとInsertを同時に押してみてください。直るかもしれません。

インサートキーとは挿入モードと上書きモードの切り替えキーのことです

インサートキーとは、PCキーボードの中のInsまたはInsertと書いてあるキーのことです。場所はキーボードによって違います。

インサートキーはWordやEXCELなどオフィスソフトの挿入モードと上書きモードの切り替えに使います。デフォルトは挿入モード、押すと上書きモードになります。FnとInsertを同時に押して切り替わるPCもあります。

挿入モードと上書きモードの違いは?

文章の途中に文字を打った時に、後ろの文字を消すか消さないかの違いです。

たとえば”こんにちは”を”こんばんは”に書きかえたいとき
11

“こん”の後ろにカーソルを持っていき”ばんは”と打ちます、すると
22
“こんにちばんはにちは”
になります。
“にちは”を消すと、

33

やっと”こんばんは”になります。

インサートキーで上書きモードに切り替えて、同じことをしてみましょう。

“こん”の後ろにカーソルを持っていき
11

“ばんは”と打ちます、すると!”にちは”を消していないのに
33

“こんばんは”
になります。

上書きモードってどんな時に役に立つの?

年賀状の時期に住所録の間違いをなおしたり、顔文字の表情をちょっと変えたりするときに、慣れれば時間短縮になるでしょう。

とはいえ、慣れるくらいインサートキーを使う場面はそんなにないですよね。

でもWORDを使う場合なら大丈夫です。なぜかWORDにだけは、インサートキーの挿入モードと上書きモードの切り替えを無効にする方法があるんです。

Wordのインサートキーによる挿入モードと上書きモードの切り替えを無効にする方法

  1. Wordの文書を開く
  2. 左上のファイルをクリック
  3. オプションをクリック
  4. 詳細設定をクリック
  5. “上書きモードの切り替えにInsキーを使用する”のチェックを外す
  6. OKをクリック

これでもう、WORDだけは間違えてインサートキーを押しても大丈夫です♪

それ以外のソフトは?
インサートキーを間違えて押したら、もう一回押してください。